であいさいとをエンジョイするサイト wawawa-wasasegelforening-

であいさいとで素敵な恋愛を楽しみたい男女に向けたサイトとなっています。

であいさいとで女性を落とす

であいさいとで女性を落としたいと思っているのであれば、面白いと思われることが一番でしょう。

面白い男性はモテます。

優しい男性よりもかっこいい男性よりも、一緒にいて楽しいとか、面白いと感じる事が出来る男性の方がモテるのです。

女性もその例外に漏れることはありません。

面白い会話をするためには、面白いネタを収集し、それを組み立てることが重要です。

中学校英語の授業でも、5W1Hというものをご存知でしょうか。

いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どのようにしたといったものですね。

これが会話の構成です。

どれでも抜けてしまうと、その状況を上手に伝えることは難しいですし、面白い話を構築することは難しいのです。

どのようにした・どうしたといったオチを意外性のあるものに作ればいいだけで、その前の5Wの部分に詳しい情報を追加していくたびに、話の長さをコントロールさせることが可能になります。

これは聞き上手になるためにも、覚えておきたい所なんです。

相槌や質問といったものをして話を広げたりする時に、ベースになるのはこの5W1Hといったものになります。

例えば○○したという相手の会話に対して、いつ?という質問や誰と?という質問をすれば、どんどんと話は広がっていくのです。

アクションを起こす

心理状況をある程度に読み解く術を知っていれば、であいさいと上で女性をコントロールすることなどは簡単に行うことが可能になります。

であいさいとで狙い目の女性の特徴としては、頻繁に唇の部分を触るといったアクションを起こしている女性です。

こういった女性は、いわゆる「好きものな女性」と言えるでしょう。

セクシーであり大胆。

男性を欲している傾向が強いのです。

しかしながら、こういった女性は男性を翻弄するタイプですから、ある程度に女性の扱いや、恋愛の駆け引きなどに長けた男性でないと、太刀打ちできない場合も多いとされています。

しかしながら、こういった女性はある程度に男性を恋愛面においては下として見ている傾向もあることから、翻弄されている状況をそのままに隠さない方が可愛いと思ってくれます。

こういった女性の最大の特徴は、男性そのものが好きだということです。

つまりは特定の男性ばかりではなく、気持ちが違う男性にコロコロと飛んで行く特徴がありますから、割り切った関係には持ってこいだということです。

注意をして欲しいことは、口元ではなく唇の部分を頻繁に触るということです。

こういったポイントに注意しましょう。

会話を面白くするネタ

であいさいとを行っていて、なかなか女性の心を掴み取れないというような場合には、会話の展開が下手くそであったり、面白みがないというようなことが原因になっているケースがほとんどです。

真正直なのは良いですが、例えば今日起こった出来事をそのままに伝えることをしても、何の面白みもありませんね。

会話を面白くするためには、ネタに対してそれを盛るということが重要になってくるということです。

同じようなネタを会話で出しているのに、話術のプロであるお笑い芸人さんの話で爆笑が生まれるのに、自分の話では、クスリとも笑いが起こらないといったようなことはよくあることでしょう。

嘘をつくことは悪いことではありません。

嘘ということを言ってしまうと、罪悪感が生まれてくるような方の場合には、ちょっとオーバーに表現してあげると考えて下さい。

ほんの些細な出来事でも、その時に思ったあなたの感情をその会話に入れること。

他にもオーバーめに表現をすることで、爆笑ネタに生まれ変わらせる事が出来るのです。

しかしながら、まったく事実がないような作り話はダメです。

事実があってそこに盛るくらいのデフォルメ程度がベストなんですね。

嘘は必ずバレるのですから。

恋人を作る年代

恋人を作る年代は若い人もいれば、40代、50代でも恋人を作る人もいます。

しかし恋人を作るのが一番多い年代は20代後半~30代前半の人が多いようです。

なぜか?

というと多くの人が思い当たると思いますが、学生時代は気軽に恋人を作る事が出来ましたよね。

大学にアルバイト先、合コンにサークルなど出会いも多いし、将来の事を気にせず、ただ好きだからとか、この人いいなと思えば気軽に付き合いに発展出来るからです。

では20代後半~30代前半になるとなぜ気軽に付き合いが出来なくなるのか?

というと結婚適齢期だからです。

同世代と付き合うのならなおさら気軽に付き合いなんて出来ません。

結婚を視野に入れて付き合わないといけないのって結婚する気持ちがない人にしてみれば面倒くさい話ですよね。

かといって恋人に結婚する気は全くないからなんて先に宣言をするのも変な話ですし、女性の場合は出産にはタイムリミットがあるので付き合い始めはお互い結婚願望がなくてもタイムリミットが迫ってくると気持ちの変化が現れる場合もあるため結婚願望がないという言葉も信用出来ません。

つまり結婚適齢期で結婚したくない人にしてみれば恋人を作るのは危険だ。

面倒な事を抜きにしてセックスだけ出来る恋人がいれば十分だと考える人が多いので、恋人を希望する人がその年代は他と比べて多いのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ